屋根塗装

紫外線や雨風などを最も高い場所で受け止めるため、塗膜の劣化スピードも速い屋根。
前回の塗り替えから、10年以上経過しているようなら、ぜひ塗り替えをご検討ください。

屋根の塗膜の劣化を放置してしまうと、建材の傷みが進行し、最悪の場合雨漏りに繋がってしまいます。
かといってご自身で屋根に登り確認するのは大変危険なため、必ずプロの業者に依頼するようにしましょう。

■屋根塗装のポイント

屋根塗装の塗料選びは、工事を成功させるために重要なポイント。
使用する塗料は、金額の高さよりも住まいとの相性を考えて選択することが大事です◎
最近では断熱・遮熱など、より快適な暮らしが実現可能な機能を兼ね備えたものもありますので、お客様のご要望に合わせて最適な塗料をご提案いたします。

○断熱塗料
熱伝導率が低いので、太陽光の熱の影響を受けにくく、断熱効果が期待できます。

○遮熱塗料
太陽光の熱を反射することで、室内の温度上昇を防ぐ効果があります。

○低汚染型塗料
塗膜面に雨水が膜を作り、汚れが付着するのを防ぎます。

○防カビ・防藻塗料
外壁材を傷める原因になりやすい、カビ・藻の発生を防ぐ効果があります。

屋根の劣化を放置してしまった場合

屋根の塗膜の劣化を放置してしまった場合、外壁同様に建物内部に雨水が浸入してしまうことも……。
建物内部に雨水が浸入すると建材の劣化が進行し、建物自体が徐々に腐食してしいきます。
すると、コンクリートに含まれるセメント成分が、本来あるはずの強度を失ってしまいます。

また雨漏りが進行して湿度が高くなるとシロアリ発生の原因になることも……。
シロアリが繁殖し、建材が食い荒らされてしまった場合、建て替えなどの大規模な工事でしか対処できなくなってしまうこともあります。

屋根は外壁と違い真上から直接雨の影響を受けるため、その被害も早く拡大してしまいます。
長く快適な生活送るためにも、適切なタイミングで屋根の塗り替えを検討しましょう。

一覧ページに戻る