冬場の外壁塗装のメリット・デメリットとは?

こんにちは、株式会社カジノです!

お客様のから、「冬場に外壁塗装ってできるの?」と質問をいただくことがございます。
結論、外壁塗装は一年を通して、どのタイミングでも施工可能です。
しかし、外部の環境によって、大きく左右されるため、季節によってメリット・デメリットが存在します。
そのため、季節によってどのような違いがあるかを知ることは、外壁塗装を依頼する、適正なタイミングを見極める基準になるかと思います。
そこで今回は、冬場に外壁塗装を行なうメリット・デメリットについて紹介いたします。

■メリット
施工日程が組みやすい
冬場は、比較的晴れの日が多いため、当然施工日程はスムーズに進みます。
梅雨の時期などは余裕を持って、スケジューリングするようにしてはいますが、それでも雨の日が多いと屋根塗装の日程が大幅に遅れる可能性があります。
一方冬場は雨の日自体が少なく、屋根塗装のスケジュールが大幅にずれる確率は低いため、施工スケジュールという点でみると、冬場は外壁塗装に向いている季節といえます。

塗料の硬化が早い
塗料の硬化(固まる)する時間というのは、温度・湿度・日差しなどの環境によって左右されます。
冬場は日射量という点では劣りますが、湿度が低く、硬化するには良い条件であリます。
外壁塗装は何度も重ね塗りをして、仕上げるため、塗料の硬化が早いのは好都合です。
塗料の硬化が早いのは、冬場ならではのメリットといえるでしょう。

■デメリット
一日の作業時間が短い
外壁塗装にとって最も大きな問題が、夜露・霧・霜といった存在です。
外壁が夜露・霧・霜によって、濡れてしまうと、安全が確保できなくなり乾燥するまで待つ必要があります。
また、日照時間が冬場は短いということも理由の一つです。
そのため、早朝からはじめ夜遅くまでの作業というのは難しい季節です。
冬の塗装は1日の作業効率が下がってしうということがデメリットになります。

暖房器具が一時的に使えなくなる
外壁塗装工事中は、暖房器具が一時的に使えなくなることがあります。
塗料の飛散や破損を防ぐため、エアコンの室外機が一時的に外されたり、養生用のカバーで完全に覆われたりすることがあります。
寒い中、暖房が使えないのは、なかなかつらいものがありますよね。
外壁塗装をご依頼の際は、空調機器や室内の気温なども考慮してみましょう。

塗装工事は、天候や気温などに影響するため、季節によってメリット・デメリットが変わってきます。
各季節のメリット・デメリットを踏まえて、ご自身に合ったタイミングで外壁塗装の依頼をしましょう。

【フリーダイヤル】0800-080-5500
【受付時間】8:00~18:00(年中無休)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】知多市を中心とした知多半島エリアで対応


一覧ページに戻る